ボードゲームで楽しもう!

ボードゲームって?

ボードゲームと言われてもピンとこない方は多いのではないでしょうか。

例えばUNO、トランプ、人生ゲーム、チェスなども立派なボードゲームです。

このページでは当店に置いてあるボードゲームの一部をご紹介させていただきます。

 

ブロックス

「ブロックス」はフランスで生まれ、あっという間に世界50カ国以上に広がった大人気ゲーム。家族、友人、誰とでも楽しめる、シンプルだけど奥深いゲームです。

21個の異なるピースを置いていき、より多くのピースを置ききったプレイヤーが勝ちとなります。

シンプルとはいえ、用意される21個のピースの置き方には戦略が必要。先を読む力を駆使しながら、相手との駆け引きを制した者が勝者となれる、奥が深いゲームです。どのようにテリトリーを広げるか、プレイヤーの「先読み力」が勝敗を大きく左右します。

プレイ人数:2~4人

 

ワードバスケット

カードを使った「しりとり」です。基本ルールはしりとりなので初めてプレイする人でも気軽に楽しむことができます。

日本人であれば誰でも慣れ親しんだしりとりが、早い者勝ち、終わりの文字の制限などで、通常のしりとりとは異なった白熱して楽しめるゲームとなっています。

手札と場に出ているカードを見定めて、思いついた言葉でしりとりを完成させ、自分の手札を誰よりも早く減らしましょう。
自身のボキャブラリーを試されるゲームです。

プレイ人数:2~8人

 

クアルト!

世界中で数々のアワードを受賞し、過去30年間に登場したゲームの中で最高の1つとして認められている<クアルト!>。

4種類のコマを形、色、穴の有無、高さのいずれかで揃え、直線状に並べれば勝ちというシンプルなゲーム。
大きな特徴は、駒を選択するときのルール。
盤上に並べていく駒は自分で選ぶことができず、相手に手渡された駒を使わなければならないのがこのゲームの最大の特徴。
駒を渡し渡されるときの、目には見えない激しい心理戦が展開する中、論理的思考力をフル回転させ、相手の戦略を読み切ったプレイヤーのみが勝利という栄光を掴める。

プレイ人数 : 2人

ハゲタカのえじき

88年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネートタイトルであり、発売から30年を迎え、もはや新古典といっていい傑作中の傑作カードゲーム「ハゲタカのえじき」。

初心者でもルールが即理解できて、かつ、すぐに盛り上ることができます。

15枚の得点カードを、それぞれ15枚の手札を1枚ずつ出し合って取り合います。一番たくさんの点数が取れた人が勝ちというシンプルなゲームです。
ただし、出したカードが他の人と被った(バッティングした)場合、そのカードは無効となります。

出したカードが他の人と被ってしまった時に「しまったー!」と盛り上がること間違いなし!

プレイ人数 : 2~6人

 

いかがでしたか?

この他にも様々なボードゲームを用意しております。

対戦が苦手なお客様には、全員で協力してゴールを目指すゲームもございます。

興味の湧いた方はぜひお近くのスタッフまでお尋ねくださいませ。