ハゲは遺伝するのか?

ハゲは遺伝するのかビクビクしながらこのページを探し出したあなた!

誠に残念ですが、ハゲ(薄毛)は遺伝します。

しかし100%の確率ではないです!

では、どうしてハゲが遺伝するのか仕組みをみていきましょう。

ハゲ(薄毛)が遺伝する理由

そもそもハゲる原因の9割はAGA(男性型脱毛症)です。

このAGAとはどういうものなのでしょうか?

AGAは男性ホルモンと遺伝が関係し生じる脱毛症のことです。

具体的にいうと、男性ホルモンのテストステロンが、還元酵素の5α-リダクターゼと結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

このDHTが髪の毛の成長周期を乱し、薄毛の原因になると言われています。

5α-リダクターゼは、遺伝により分泌量が異なるとされています。

また、DHTが髪の毛周期を狂わせるには、X染色体の「アンドロゲンレセプター」と結合した場合です。

アンドロゲンレセプターとの結合しやすさも遺伝により異なるとされています。

そのため、ハゲ(薄毛)は男性ホルモンと遺伝により起こると考えられています。

母方の祖父が薄毛だとハゲるかも?

以上のことから、DHTとX染色体の「アンドロゲンレセプター」と結合した場合に髪の毛の成長が乱れ、ハゲることが分かりました。

X染色体は、女性(XX)は父親と母親から遺伝し、男性(XY)は母親から遺伝します。

つまり、母親の父親である祖父が薄毛の場合、その遺伝子を受け継いでいる可能性があるということです。

ちなみに、この遺伝子を持っているかどうかはAGA治療を行っている病院やクリニックで検査することが出来ます。

髪の毛や口の中の粘膜から検査できるので、不安な方は受診してみてもいいかもしれません。

参考サイト:AGAスキンクリニックは費用が高い?人気クリニックと比較してみた!

遺伝だけじゃないハゲる要素

とはいえ、ハゲ(薄毛)になるのは遺伝だけのせいではありません。

喫煙やストレス、食生活の乱れや寝不足に運動不足なども薄毛の原因になります。

早寝早起き、適度な運動にバランスの良い食生活をし、ストレス発散のための趣味を行うなど充実した毎日を過ごすように心がけましょう!

ハゲや薄毛にならないために!

ハゲは医師により見解が異なりますが、25%〜75%の確率で遺伝するとされています。

もし、その遺伝子を受け継いでしまっていたとしても他の部分で補えるかもしれません。

そのため、規則正しい生活習慣を送るなど普段の生活を見直してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んでくださったあなたがハゲないことを祈っています!